発生的認識論の意味

病気【精神疾患】の理解に役立つ用語、今日学ぶのは、「発生的認識論」です。

精神的な病気であっても、優秀な臨床家との出会いによってを受けることによって、エネルギッシュに生きることは可能です。病気かなっと思ったら、精神的に疲れ果ててしまう前に専門医で受診するとよいでしょう。

発生的認識論

Piaget, J.による理論で、知識(科学的知識)をその歴史、社会発生、またその知識の基礎である概念や操作の心理的起源にもとづいて説明しようとするものである。認識は現在の状態が安定した決定的な状態ではなく、継続的な構成、変換や再構造化の過程ととらえ、科学的知識の本質の理解はこの変化の歴史性、心理的要因を明らかにすることが必要だという。 

精神的な病気に関する用語を熟知することで、パラダイムシフトに役立つかもしれません。少しでも役に立てば嬉しいです。