幼児健忘症の意味

病気【精神疾患】の理解に役立つ用語、今回解説するのは、「幼児健忘症」です。

精神的な病気であっても、効果のある治療を受けることを受けることによって、心穏やかに過ごすことができるようになります。病気かなっと思ったら、精神的に辛くなる前に専門医で受診するとよいでしょう。

幼児健忘症

生後数年間の個人的な経験の記憶がおとなで欠如していたり、乏しかったりすることをさし、フロイトが最初に指摘した。幼児は外界への興味や感受性は高く、物の再認や言語の獲得、日常生活の中ではたらく記憶は十分発達しているにもかかわらず、その後に残る記憶が乏しいことからフロイトは、経験は完全に忘却されたのではなく、無意識の中に残ってその後の人格形成に何らかの影響をあたえると考えた。そしてその原因を幼児性欲と心的外傷体験による抑圧とした。そして、一見どうでもいいような幼児期の記憶は重要な経験の記憶を覆い隠しているものだとする隠蔽記憶説を唱えた。一方、シャハテルは幼児健忘を抑圧だけによるものではなく、幼児期の経験・知覚・記憶の様式がその後の様式と異なり、おとなの言語化・慣習化・合理化・社会化された記憶や想起のカテゴリーに不適合であることによると考えた。

精神的な病気に関する用語を知ることで、ストレス解消に役立つかもしれません。焦らず理解に努めてみましょう。