臨界期の意味

病気【精神疾患】の理解に役立つ用語、今日お伝えするのは、「臨界期」です。

精神的な病気であっても、効果が出ている療法を受けることを受けることによって、不安が少なく日々の生活を送ることができます。病気かなっと思ったら、精神的にダメージが大きくなる前に専門医で受診するとよいでしょう。

臨界期

生物がある特性を獲得するために生物学的に備わった限られた期間のことを指す。たとえばローレンツが唱えた刻印づけにおいて、子の親に対する学習が成立する生後初期のある短い期間を臨界期とよび、その学習の効果は永続性をもつが、一方その期間にしかるべき経験をしないと、新奇刺激に対する恐怖の発達などのためにもはや学習することができなくなるとされた。このことは、学習における生得的要因の関与を示すものとして注目され、人のさまざまな行動発達にもその考えが適用された。しかしその後、その期間はそれほど厳密なものでなくてもっと緩やかな広がりをもった可逆的なものであり、敏感期とよぶべきだと考えられるようになった。ボウルビィは乳児における微笑の出現時期を臨界期と同様に考え、その後の社会的行動、対人行動に重要な意味があると考えた。  

精神的な病気に関する用語を把握することで、認識を196度転換できるかもしれません。少しずつ理解を深めてはいかがでしょう。