病気【精神関連】

病気【精神疾患】の理解に役立つ用語、今回は、「タイプA行動パターン その3」です。

精神的な病気であっても、優秀な臨床家との出会いによってを受けることによって、平常心で生活することは可能です。病気かなっと思ったら、精神的に追い込まれる前に専門医で受診するとよいでしょう。

タイプA行動パターン その3

心筋梗塞をすでに発症した症例を対象に、再発防止を目的とした心臓病カウンセリング群と、タイプA行動修正プログラムを加えた群の追跡調査が行なわれ、両方のカウンセリングを受けたほうが有意に再発率が少ないことが示された。タイプA行動修正プログラムは、心理的身体的弛緩法の学習と過剰な刺激反応の修正や自己観察教育、環境の再構成、認知感情学習などの行動学習に大別されるが、長期間根気よく続ける必要がある。近年の研究は、虚血性心疾患以外の疾患として、うつ病との関連やタイプA尺度と抑うつ尺度の相関が報告されている。日本人のタイプA行動は欧米と比べて競争性や敵意性が低いものや程度が軽いものがあり、日本的タイプA行動や日本人向けのタイプA自己チェック表も開発されている。

精神的な病気に関する用語を熟知することで、見方を変えることができるかもしれません。参考になれば嬉しいです。

病気【精神疾患】の理解に役立つ用語、今日は、「タイプA行動パターン その2」です。

精神的な病気であっても、新しい世界を知ることでを受けることによって、気楽に生きることはできるんです。病気かなっと思ったら、精神的に参ってしまう前に専門医で受診するとよいでしょう。

タイプA行動パターン その2

タイプA行動パターンの特徴の中でも「敵意性」と「怒りの感情の抑制」が最も危険であることが示されている。タイプA行動パターンを取ることは現代社会における成功の条件の一つであることから、心筋梗塞などの虚血性心疾患を発症する前に行動修正することは極めて難しいといわれている。

精神的な病気に関する用語を把握することで、心の重荷が軽くなるかもしれません。是非参考にしてみてください。

病気【精神疾患】の理解に役立つ用語、今回解説するのは、「学校恐怖症・不登校 その6」です。

精神的な病気であっても、ご自身に合う治療を受けることを受けることによって、今より状態をよくすることは可能です。病気かなっと思ったら、精神的に辛くなる前に専門医で受診するとよいでしょう。

学校恐怖症・不登校 その6

治療として、年少者には分離不安を解消するような母子への心理療法的な働きかけが必要である。より年長タイプでは子供の自立を促すような心理療法が必要といわれている。また必要に応じて再登校に備えての受け入れについて、本人、親、学校などとコンサルテーションの場を持つことが必要になる。学校恐怖症の予後は比較的よいといわれ、七割程度はその後社会適応していくといわれている。しかしその最中の病態水準は重篤であり、不登校中の教育が必ずしも保障されていないなどの社会的不利から、予後について一概によいということはできない。

精神的な病気に関する用語を熟知することで、気持ちに余裕が出るかもしれません。焦らず理解に努めてみましょう。

病気【精神疾患】の理解に役立つ用語、今回解説するのは、「ストレス その4」です。

精神的な病気であっても、有効なスキルを身につけるを受けることによって、回復することが可能です。病気かなっと思ったら、精神的に辛くなる前に専門医で受診するとよいでしょう。

ストレス その4

近年では、ソーシャルサポートへの関心が高まっている。これは周囲の他者から受ける援助であり、カプランにより概念化された。ソーシャルサポートには、情緒的支援(信用、話を聞くなど)、評価的支援(他者との比較、フィードバックなど)、情報的支援(助言、情報など)、道具的支援(金、労働、物など)の4つがある。ソーシャルサポート期待の高い個人はストレス反応を表出しにくいことがわかっており、ソーシャルサポートのストレス緩衝効果が確認されている。

精神的な病気に関する用語を知ることで、ストレス解消に役立つかもしれません。焦らず理解に努めてみましょう。

病気【精神疾患】の理解に役立つ用語、今日学ぶのは、「タイプA行動パターン その1」です。

精神的な病気であっても、有効なスキルを身につけるを受けることによって、エネルギッシュに生きることは可能です。病気かなっと思ったら、精神的に疲れ果ててしまう前に専門医で受診するとよいでしょう。

タイプA行動パターン その1

M.フリードマン&R.H.ローゼンマンら(1964)は虚血性心疾患患者の行動を検討した結果、彼らに特徴的な性格行動特性が存在することを見出し、それをタイプA行動パターンとよんでいる。タイプA行動の特徴として、性急で時間に切迫感を持ち、競争心が激しく攻撃的、精力的、野心的である。また大量喫煙や高血圧の傾向が高く、二次的な生活習慣が発症に寄与していると考えられる。その後のプロスペクティブ・スタディでも、タイプAは逆のタイプB行動パターンに比べて二倍以上の虚血性心疾患を発見された。

精神的な病気に関する用語を知ることで、本来の自分を取り戻せるかもしれません。少しでも役に立てば嬉しいです。

病気【精神疾患】の理解に役立つ用語、今日学ぶのは、「チック」です。

精神的な病気であっても、効果のある治療を受けることを受けることによって、平常心で生活することは可能です。病気かなっと思ったら、精神的に疲れ果ててしまう前に専門医で受診するとよいでしょう。

チック

不随意的、突発的に起こる頻繁な筋肉群の反復運動。まばたき、口や鼻のぴくつき、貧乏ゆすり、肩の上下運動などが見られる。罵声や卑猥語が不髄意的に発せられる音声チックもある。症状が単一の場合と複数の場合がある。

精神的な病気に関する用語を知ることで、本来の自分を取り戻せるかもしれません。少しでも役に立てば嬉しいです。

病気【精神疾患】の理解に役立つ用語、本日は、「ストレス その3」です。

精神的な病気であっても、適切なカウンセリングを受けることを受けることによって、今より状態をよくすることは可能です。病気かなっと思ったら、精神的に塞ぎ込んでしまう前に専門医で受診するとよいでしょう。

ストレス その3)

1960年代になると、生活ストレス研究を契機としてホームズ&レイ(1967)は、ライフイベントによって引き起こされた変化に再適応するまでの労力が心身の健康状態に影響を及ぼすという考え方に基づき、社会的再適応評定尺度を作成し、個人のストレスレベルを測定しようとした。この尺度では、生活上何らかの変化をもたらす出来事(配偶者の死、結婚、失業など)をストレッサーとして43項目を挙げ、各項目にLCU得点が付与されている。そして過去1年間のLCUの合計が一定基準を超えると、病気になる可能性が高まるとされている。しかしストレスを反応としてみる見方は、個人差やストレスへの対処を無視していることが批判された。

精神的な病気に関する用語を理解することで、思い込みを解消できるかもしれません。参考になれば幸いです。

病気【精神疾患】の理解に役立つ用語、本日は、「学校恐怖症・不登校 その5」です。

精神的な病気であっても、効果が出ている療法を受けることを受けることによって、不安が少なく日々の生活を送ることができます。病気かなっと思ったら、精神的に塞ぎ込んでしまう前に専門医で受診するとよいでしょう。

学校恐怖症・不登校 その5

小学校高学年頃から不登校を呈する年長タイプは、過保護過干渉な母親のもとでよい子として適応してきた子供が自立や自己決定を迫られて不適応状態に陥り、家庭に退却することで登校拒否が始まる。年少タイプは分離不安による不登校が多いとされる。しかし不登校の増加傾向と共に多様なケースが含まれるようになり、典型例は減少してきている。

精神的な病気に関する用語を把握することで、気持ちが楽になるかもしれません。参考になれば幸いです。

病気【精神疾患】の理解に役立つ用語、今回は、「学校恐怖症・不登校 その4」です。

精神的な病気であっても、効果のある治療を受けることを受けることによって、心穏やかに過ごすことができるようになります。病気かなっと思ったら、精神的に追い込まれる前に専門医で受診するとよいでしょう。

学校恐怖症・不登校 その4

原因として、本人、家族、学校、社会の要因と様々な要因が複合的に重なって発生すると考えられる。学校恐怖症の子供の性格傾向としては、基本的に真面目、几帳面で完全主義的ないわゆるよい子であることが多い。母親の性格傾向も一般的に強迫的で先取り的に手を出してしまうタイプが多い。一方、父親も強迫的で社会的には真面目な人として通っているが、家庭の問題に関与するのは苦手で、家庭における父親の心理的不在の状態であることがある。

精神的な病気に関する用語を知ることで、悩みが軽減するかもしれません。参考になれば嬉しいです。

病気【精神疾患】の理解に役立つ用語、今日は、「学校恐怖症・不登校 その3」です。

精神的な病気であっても、適切な治療を受けることを受けることによって、平常心で生活することは可能です。病気かなっと思ったら、精神的に参ってしまう前に専門医で受診するとよいでしょう。

学校恐怖症・不登校 その3

学校恐怖症の症状の典型として、登校を拒む、拒む理由を言わないか些細なこと(通常身体症状が多い)、前日には登校するというが次の朝には登校できない、登校しなくてよい状況になると元気になる、休日などは一般的に元気がよい、学校の話題に触れると不機嫌であるがそれ以外は気楽にやっているように見える、などがある。しかし不登校児の示す症状は学校に行かなかった結果出てきた二次的な反応であり、精神病ではない。教育は当然可能であり、むしろ生きる力として教育は当然保証されなければならない。

精神的な病気に関する用語を理解することで、悩みが解消されるかもしれません。是非参考にしてみてください。