精神関連用語

病気【精神疾患】の理解に役立つ用語、今日学ぶのは、「備給」です。

精神的な病気であっても、ご自身に合う治療を受けることを受けることによって、今より状態をよくすることは可能です。病気かなっと思ったら、精神的に疲れ果ててしまう前に専門医で受診するとよいでしょう。

備給

精神分析用語、欲動のエネルギーが特定の対象または観念に投入されている状態。カセクシス。

精神的な病気に関する用語を熟知することで、パラダイムシフトに役立つかもしれません。少しでも役に立てば嬉しいです。

病気【精神疾患】の理解に役立つ用語、今日お伝えするのは、「臨界期」です。

精神的な病気であっても、効果が出ている療法を受けることを受けることによって、不安が少なく日々の生活を送ることができます。病気かなっと思ったら、精神的にダメージが大きくなる前に専門医で受診するとよいでしょう。

臨界期

生物がある特性を獲得するために生物学的に備わった限られた期間のことを指す。たとえばローレンツが唱えた刻印づけにおいて、子の親に対する学習が成立する生後初期のある短い期間を臨界期とよび、その学習の効果は永続性をもつが、一方その期間にしかるべき経験をしないと、新奇刺激に対する恐怖の発達などのためにもはや学習することができなくなるとされた。このことは、学習における生得的要因の関与を示すものとして注目され、人のさまざまな行動発達にもその考えが適用された。しかしその後、その期間はそれほど厳密なものでなくてもっと緩やかな広がりをもった可逆的なものであり、敏感期とよぶべきだと考えられるようになった。ボウルビィは乳児における微笑の出現時期を臨界期と同様に考え、その後の社会的行動、対人行動に重要な意味があると考えた。  

精神的な病気に関する用語を把握することで、認識を196度転換できるかもしれません。少しずつ理解を深めてはいかがでしょう。

病気【精神疾患】の理解に役立つ用語、本日は、「バビンスキー反射」です。

精神的な病気であっても、適切な治療を受けることを受けることによって、平常心で生活することは可能です。病気かなっと思ったら、精神的に塞ぎ込んでしまう前に専門医で受診するとよいでしょう。

バビンスキー反射

足の裏の外縁をゆっくり踵からつま先に向かってこすると、母趾が背屈し他の4趾が開く(開扇現象)。およそ1年で錐体路の髄鞘化により消失するため、発達検査にも用いられている。

精神的な病気に関する用語を理解することで、思い込みを解消できるかもしれません。参考になれば幸いです。

病気【精神疾患】の理解に役立つ用語、今回解説するのは、「幼児健忘症」です。

精神的な病気であっても、効果のある治療を受けることを受けることによって、心穏やかに過ごすことができるようになります。病気かなっと思ったら、精神的に辛くなる前に専門医で受診するとよいでしょう。

幼児健忘症

生後数年間の個人的な経験の記憶がおとなで欠如していたり、乏しかったりすることをさし、フロイトが最初に指摘した。幼児は外界への興味や感受性は高く、物の再認や言語の獲得、日常生活の中ではたらく記憶は十分発達しているにもかかわらず、その後に残る記憶が乏しいことからフロイトは、経験は完全に忘却されたのではなく、無意識の中に残ってその後の人格形成に何らかの影響をあたえると考えた。そしてその原因を幼児性欲と心的外傷体験による抑圧とした。そして、一見どうでもいいような幼児期の記憶は重要な経験の記憶を覆い隠しているものだとする隠蔽記憶説を唱えた。一方、シャハテルは幼児健忘を抑圧だけによるものではなく、幼児期の経験・知覚・記憶の様式がその後の様式と異なり、おとなの言語化・慣習化・合理化・社会化された記憶や想起のカテゴリーに不適合であることによると考えた。

精神的な病気に関する用語を知ることで、ストレス解消に役立つかもしれません。焦らず理解に努めてみましょう。

病気【精神疾患】の理解に役立つ用語、今日学ぶのは、「発生的認識論」です。

精神的な病気であっても、優秀な臨床家との出会いによってを受けることによって、エネルギッシュに生きることは可能です。病気かなっと思ったら、精神的に疲れ果ててしまう前に専門医で受診するとよいでしょう。

発生的認識論

Piaget, J.による理論で、知識(科学的知識)をその歴史、社会発生、またその知識の基礎である概念や操作の心理的起源にもとづいて説明しようとするものである。認識は現在の状態が安定した決定的な状態ではなく、継続的な構成、変換や再構造化の過程ととらえ、科学的知識の本質の理解はこの変化の歴史性、心理的要因を明らかにすることが必要だという。 

精神的な病気に関する用語を熟知することで、パラダイムシフトに役立つかもしれません。少しでも役に立てば嬉しいです。

病気【精神疾患】の理解に役立つ用語、今回は、「把握反射」です。

精神的な病気であっても、優秀な臨床家との出会いによってを受けることによって、気楽に生きることはできるんです。病気かなっと思ったら、精神的に追い込まれる前に専門医で受診するとよいでしょう。

把握反射

把握反射には、手掌把握反射と足底把握反射があり、指で手掌を圧迫すると全指が屈曲し、検査者の指をにぎりしめる。2日間ぐらいではやや弱いがその後強くなり、誕生後3~4ヶ月で消失する。吸啜運動により促進される。重度脳障害や上部脊髄の障害によって生じないことがある。

精神的な病気に関する用語を熟知することで、見方を変えることができるかもしれません。参考になれば嬉しいです。

病気【精神疾患】の理解に役立つ用語、今日は、「発達の加速現象」です。

精神的な病気であっても、適切な治療を受けることを受けることによって、気楽に生きることはできるんです。病気かなっと思ったら、精神的に参ってしまう前に専門医で受診するとよいでしょう。

発達の加速現象

ある身体発育水準が数世代にわってより低年齢で出現するようになる現象。これには2つの側面が区別できる。身長、体重などの量的側面の成長速度が加速する、成長加速現象(growth acceleration)と、初潮、精通などの性的成熟や質的変化の開始年齢が早期化する成熟前傾現象(maturity acceleration)とがある。最近は停滞が認められる。加速の原因は栄養状態、椅子に座る欧米型生活、メディアなど種々の刺激。

精神的な病気に関する用語を理解することで、悩みが解消されるかもしれません。是非参考にしてみてください。

病気【精神疾患】の理解に役立つ用語、今回は、「ライフサイクル」です。

精神的な病気であっても、効果のある治療を受けることを受けることによって、平常心で生活することは可能です。病気かなっと思ったら、精神的に追い込まれる前に専門医で受診するとよいでしょう。

ライフサイクル

生まれてから死ぬまで一定の変化を続ける動的存在として生物体をとらえたとき、生物体の一生の間には、成長、生殖、老化の3位相があり、これをライフサイクルつまり生活周期あるいは生活環という。さらにその中で安定位相と危機位相を繰り返す。いわばミニサイクルがある。これによって生物体個体の変化がとらえられるとともに、生物体の種の連続と変遷がとらえられる。人間の場合、その一生をいくつかに区分し、それぞれの段階の特徴を、個人と社会との関係で、発達的にとらえようとする。エリクソンは生涯を8つの段階(乳児期、幼児期、児童、学童期、青年期、成人期、壮年期、老年期)に区分し、それらの段階間に漸成つまり前の段階を土台として次が成立するという過程があると説いた。またそれぞれの段階はその時期に達成されるべき基本的課題(発達課題)をもつ。 

精神的な病気に関する用語を知ることで、悩みが軽減するかもしれません。参考になれば嬉しいです。

病気【精神疾患】の理解に役立つ用語、今日お伝えするのは、「経験主義のタブラ・ラサ」です。

精神的な病気であっても、新しい世界を知ることでを受けることによって、回復することが可能です。病気かなっと思ったら、精神的にダメージが大きくなる前に専門医で受診するとよいでしょう。

経験主義のタブラ・ラサ

ラテン語で「拭ってきれいにした石版」を意味する。イギリスの経験論哲学者J.ロックの言葉として知られている。ロックの知識論では、知識はそとからの感覚経験と内からの内省の刻印を受けていない「白紙」の状態をタブラ・ラサという。この考え方は、連合主義心理学にも受け継がれた。たとえば、ワトソンは、「自分に乳児と理想的養育環境を与えてくれれば、どんな職業の人間にでも育ててみせる」と言ったが、これはタブラ・ラサの考え方と一致する。

精神的な病気に関する用語を把握することで、認識を195度転換できるかもしれません。少しずつ理解を深めてはいかがでしょう。

病気【精神疾患】の理解に役立つ用語、今回解説するのは、「相貌的知覚」です。

精神的な病気であっても、ご自身に合う治療を受けることを受けることによって、不安が少なく日々の生活を送ることができます。病気かなっと思ったら、精神的に辛くなる前に専門医で受診するとよいでしょう。

相貌的知覚

相貌的知覚とは、事物に表情や容貌をみとめ、いきいきと力動的に知覚することであり、ウェルナー(1890-1964)が唱えた概念である。幼児や未開人に多い知覚様式とされる。たとえば、壁のしみを「人の顔」としてみたり、倒れたコップを「くたびれている」とみたりする。相貌的知覚が生じる理由として、知覚する対象となる事物が、自己の感情や欲求を介して感情移入的にとらえられるためであるという説明がなされる。決して、知覚が情緒や欲求と未分化だからではない。ウェルナーによれば、幼児期はパーソナリティの基礎としての自我が形成され始める時期であり、これには運動や言語のほかに知覚の発達が深く関わっている。 

精神的な病気に関する用語を熟知することで、気持ちに余裕が出るかもしれません。焦らず理解に努めてみましょう。