大学職員の求人情報を効率よく得る方法



大学職員求人情報へようこそ

大学職員の求人情報は、一般企業と比較すると少ないと考えていらっしゃる方がいるかと思いますが、実は結構あります

ただ大学職員の求人を扱っているサイトは限られていますので、それらを把握し、あまり知られていない検索法を理解する必要があります。

このサイトでは、大学職員に転職して8年の経験から求人情報を逃さない方法を公開していますので参考になれば幸いです。

私の勤務している大学は3ヶ月に一度は求人募集をしています。毎回30人程度の応募があるようですが、約8割はエージェントの紹介を通してです。

職員の求人媒体は次の2つ:
大学のホームページ:このサイトでかなりの数の大学職員求人ページがチェックできます。しかし、全国で750以上ある大学の求人情報を日々見ていてはきりがありません。よほどタイミングが合わないと求人期間を逃してしまいます。

就職情報エージェント:私はまだ「Being」などの就職情報誌が一般的な時代に入りましたが、ここ何年かはインターネット上に掲載してある求人情報に応募して入職する人がほとんどです。その中でも非公開の情報求人情報で入職した人がほとんどです。

【大学職員の求人情報がある推奨サイト】
エージェント特徴
匿名スカウトメール大学職員の求人画像1を利用すれば、本当に自分に合った情報を無駄なく受け取ることができます。この機能を活用して、「自分では思いもよらなかった仕事」に出会う方もいます。詳しくは「匿名スカウトされちゃいました」を読んでみてください。
●ご自身の適職、通用度チェックにも最適なサイトです。
非公開求人が80%を占めるtypeの人材紹介
●プロカウンセラーが受かる応募書類の書き方や面接の極意をアドバイスしてくれます。また適職のアドバイスもしてくれますので、仕事選びに迷っている方にもおすすめです。
大学職員の求人画像2転職者の約8割が利用しているといわれるリクナビNEXT
●求職者の経験とスキルの市場価値をリアルに診断してくれるサービスはおすすめです。新着求人もメールで送ってくれるので忙しい社会人にぴったりです。